azuki design | 林田全弘について

azukilogo_name.png

top_illust_mm.gif

navi_text_home_gray.pngnavi_text_home_gray.pngnavi_text_works_gray.pngnavi_text_works_gray.pngnavi_text_about.pngnavi_text_about.pngnavi_text_probono_gray.pngnavi_text_probono_gray.pngnavi_text_contact_gray.pngnavi_text_contact_gray.png

林田 全弘(はやしだ まさひろ)について

160810rindaphoto_up_300x300.png160810rindaphoto_up_300x300.png1979年神奈川県横浜市生まれ。
ディレクター/コーディネーター/グラフィックデザイナー

高校時代に読んだ本がきっかけで、「大学生活を環境問題解決に捧げよう」と決意。
高校卒業後すぐにナホトカ号重油流出事故の災害ボランティアに参加。
重油回収ボランティアを通じて、「問題解決にはプロのスキルが必要不可欠」と悟る。

日本初の環境ISOを認証取得した東京都市大学(旧武蔵工業大学)環境情報学部に入学。
入学してすぐに同じクラスの仲間と同大学初の環境サークルを立ち上げ、ボランティア活動に没頭。
エコ・リーグでの活動中にチラシや会報誌作成などのグラフィックデザインに触れるうち、
「NPOにおけるデザイン・広報」の重要性を強く感じ、デザイン制作会社に就職。

広告制作やパッケージデザインの業務に携わり、2年間の勤務を経て、
07年より大型商業施設の商品デザインに従事する傍ら、NPOのデザインサポート活動を開始。
国際協力NGOや環境問題NGO、中間支援組織などのパンフレットデザインやロゴデザインなどを手がけていく。

2010年10月23日、フリーランスのグラフィックデザイナーとして独立。
現在、大阪市平野区に活動拠点を移し、NPO法人 子どもデザイン教室を支援中。
2016年より、大阪市地域公共人材に登録。

●講師用プロフィール文章・写真
講師用セットとしてデータをまとめていますので、以下のリンクからダウンロードしてお使いいただきますようお願いします。

http://azukidesign.com/mediakit/170228mediakit_hayashida.zip
(2017年6月20日更新)

上記のURLをクリックしてダウンロードをお願いします。

文言の表現や写真・イラストのトリミングなど基本OKですので、事後報告でも構いませんが、できましたら事前にご相談いただけると嬉しいです。お気軽にご相談ください!

ブログをこっそりやってます。 → http://blog.canpan.info/rindazenko/

↓ブログの更新情報です。

azuki design は、

グラフィックデザイナー 林田全弘の屋号であり、ビジョンであり、決意表明でもあります。名前の由来は「a to zでウキウキ」。はじめから終わりまで(a to z)ウキウキ(ukiuki)ワクワクしたデザインプロセスで。赤ちゃん(a)からじーちゃんばーちゃん(z)までウキウキ(ukiuki)ワクワクできるものを。

そのデザインに関わる人たちがみんなで自由に意見を出し合える「参加型デザインプロセス」の構築を目指していきます。そして、そのプロセスに必要なツールの開発・ワークショップの開発に(失敗を恐れず)取り組むという決意をこの名前に込めました。

banner_about.png